Final以降で公表され、「Oh」と思ったデッキ

167pt   2017-06-27 00:55
ぽけみて。

朝から晩までダブルラリアットを木に打ち付ける仕事を
かれこれ5年続けてますけども、両腕の膂力が増すばかりで
ほかに何も良い事がないなあと嘆いていたら
公園の砂場から女神がザバァと現れ、
鼻と口に詰まった砂をウベェーッと吐き出してから
「あなたが...ケホッ、落としたのは金の斧ですか」
と言ったので「何も落としてませんし斧とか怖い」
と返したら「問答無用!」つって
金と銀の斧を無数に回転させながら投げてきましたので
ダブルラリアットですべて撃墜して膠着状態に陥ったところで
目を覚ましました。






寝汗をかく理屈ってこういうことかあ。






先週末に多くの強者たちが持ち寄ったデッキを
Twitter経由で色々見ながら、
わあこれはすごいあれは面白いとトランペットの少年の如き眼差しを
スマホに向けて送っていたのですが、
今回は多くのデッキタイプがいた中で
オーロットが目立ってましたね。

増加する120以上のダメージに対し
数字が足りないと酷評されつつあったオーロットですが、
マーシャドーの登場によって悪が減ったこと、
同じ理由で行進が増えたこと、
また肝心の数字をネクロズマとカプテテフという
新しい相棒が埋めてくれたことが大きい変化なんすかね。

ちょっと前のオーロットはとにかく240ライン、
つまりサイレントフィアーを8回撃てば勝利だったため
それを継続するために妨害カードが多く採用されていたと
思いますが、要するにばら撒く回数を減らして勝てれば
それに越した事はないわけで、次元の谷と相性が良い
ネクロズマGXが選ばれたのだと思います。知らんけど。

当たり前ですけどオーロットを叩くと
ネクロズマが叩かなくて、逆も然りなので
相手からすると両方置かれるだけで相当ストレスでしょうね。
バトル場にジャイアン、ベンチにブタゴリラみたいな絵です。

そんな中、上位にいるオーロットタイプに
ライチュウ型がいましたね。
これはすげーな、アンタもそう思うだろって
横に置いてあると盛り上がってたんですが、
そうだった、オーロットは麻痺と合わせてなんぼ、
ロックバラマキこそが美しさと強さを兼ね備えてる
ひとつの終着点やないかい、と死ぬほど感心しました。
バトル場にジャイアン、ベンチにスネ夫が複数いる絵です。



ここまで書いてきて思ったのですが、
麻痺と麻辣ってなんか似てますよね。


なんか麻辣系のもの食べたくなってきました。
お先に!
   ポケカアンテナトップページへ
ゲーム ポケモンの話題が沢山。