いくぜ!春のファンデッキコンテスト

51pt   2017-04-14 01:35
ぽけみて。

時間はないないと言いながら個人的には自分の趣味を削ることはたとえ仕事だとしても許されざるべしであると考えているためマヨネーズの最後をブブリブリとひねり出すようにポケカの時間を捻出するべく年に一度のリフレッシュ休暇を提案したら通ったので今日は一日中ポケカしますよっしゃあ!!





夢でした。






ファンデッキって知ってる?
俺は知ってる。(一流スポーツ選手のツラで)

4/23(日)はトイくん主催の【春のファンデッキコンテスト】、略して【春ファン】が開催されますね。知ってる?俺は知ってる。(一流スポーツ選手のモノマネをするお笑い芸人のツラで)

ポケカの楽しみ方はそれぞれあると思いますが、
古来からガチ勢とカジュアル勢が各々の集落を作って
定期的に戦争をしているのを遠くの山から
「またかよ」と鼻ホジしながら見ていた仙人さながらの生活をしている僕ですが、
カジュアルな遊び方をガチ化するというイベント、
そしてそれが高いクオリティで開かれるとのことで
大急ぎで山を裸足で駆け下りてボロボロの布をまといながら
手を振ってイベントに走っていくそんな悲劇がもうすぐそこに。


ポケカの文化としては競技的な側面が大きいんですが、
それとは別にいわゆる「オフ会」といったような集まりは
頻繁に行われるジムバトルのおかげで皆無に近いです。
カジュアルなポケカというのはそういったオフ会的な
「会話のついでに遊ぶ」みたいな感じの会で愛されるもので、
これはなかなか身内でしか楽しみづらいというのが実情です。

その楽しみ方を「真面目にふざけてええんやで」と開放したのが
今回の春ファンの僕なりの受け取り方であって、
ファンデッキコンテストをドッグランのように例えた
トイくんの記事を見つつも、それでも各飼い主たちは
その集まりにいくためにワンちゃんを全力でトリミングして
目の色を真紅に変えて芸を仕込む、
そんなとして全力で楽しみにいくわけです。
「あーしの子が一番に決まってるザマしょ!」っていう雰囲気。
でも「あ、あら…おたくの子も…か、かわいいんじゃないザマス…?」
って変な気分に火照って【女】の顔に戻る、そんな奥様。
誰だ。


カジュアルなポケカとなるとその品評の場もカジュアルになりがちですが、
あくまでハードウェアを競技のように仕組んだ上で
ソフトウェアがカジュアルというのは非常にイベントとして唯一なものなので
それが春ファンの価値なのだと思います。


というわけで、僕も今回は腕を奮ってファンデッキコンテストに参戦させていただきます。
腕の奮いっぷりときたら対空するときのザンギエフのよう。
リュウの安易な飛び込みはこのダブルラリアットですべて落としてみせます。





定員になりつつあるとかないとかよくわかりませんが、
開催はもう1週間後。
それまでにこの両腕の筋肉を限界まで鍛え上げ、
立派なダブルラリアットを完成させておきます。






待ってろよ!
電車の中で近づいてくる輩を軒のみ体力削ってやるからな。


ボリショイ・パビエーダ!!
   ポケカアンテナトップページへ
ゲーム ポケモンの話題が沢山。