勝っても負けてもお祭り騒ぎ

65pt   2017-04-03 00:38
ぽけみて。

Bluetoothイアホンを愛用しているのですが、
先日そのハード的脆弱性から片耳が断線してしまい
オイオイオイと泣きながらAmazonを見てたら
2980円でとんでもないスペックのやつがあったので即買いしました。
コードは壊れづらいきしめんタイプ、コードレスであることはもちろん、
イアホン同士が磁石でくっつき、かつケースつきです。
音もそれなりにうるさい僕ですから試し聴きしても問題なし。
これは良い買い物です。
そして妻と子どもが買い物に出ている間にノリノリでデッキをいじっていたら、例によってものすごく時間が経っていたらしく、ヘッドバンギングするほどのテンションで最高潮に達する瞬間肩を叩かれて全身の毛が抜け落ちる程びっくりしそして恥ずかしくてなんとなくヘッドバンギングを続けました。3回だけ。






CHANGです。




チャンピオンズリーグ宮城お疲れさまでした。
チーム戦ということで様々なドラマがってこの文言何回言うねん。
とにかく楽しかったそうで何よりです。
宮城飯テロしたキサマら本当に許さないからな。
牛タンの布団とずんだシェークのお風呂用意して
帰ってきても宮城地獄にしてやるんだから。(費用は自腹)


そんで、今日は勝負のあとの態度の話。
勝ったら嬉しいし負けたら悔しいじゃないですか。
これは勝負人ならたぶん誰でもそうで、
至極健全な感情だと思うんです。

もちろん僕もそうで、勝ったら機嫌が良くなるし
負けたらぐぬぬと思うんですよ。まぁ機嫌もそこまで宜しくない。

で、とはいえ、とはいえね。
負けたとして、相手に対して不遜な態度を取ることは
紳士ではないじゃないですか。あごめんなさい、淑女含めてね。
淑女的対応って、なんだろ…
すいません、話が逸れそう。でね、
最近僕は負けたら悔しいので逆に相手の凄いところを見つけて
お話するようにしてるんですよ。
負けたのは色んな要因があるのでまぁ何ともなんですが、
負けたってことは相手が一枚上手だったってことですよね。
てことは褒められるべき部分があるので、
お話して参考にさせてもらう方がお互いより楽しくなれるんじゃないかなって。


もちろん、例えジムバトルでもない時間を費やして作ったデッキが負けたらそりゃあ悔しいし正直ムカつくことだってあるんですが、それって誰も幸せにならないので、少しでも有意義な時間に置き換えていけたらいいなとか思うわけです。


これ、言うのは簡単ですけどなかなかそうはいかない。
なので逆に言うと、負けてムカついたり機嫌悪くなったりするのはわかる。
スゲーよくわかる。なんなら僕も怒りのあまり第三形態まで一気に変身して1ターンに2回攻撃してくる大型のボスになり池袋一帯を火の海に変えたい気持ちすらあるけど、であれば早々に席を離れるなりして
少なくとも勝者を不快にさせないようにするのは
コミュニケーションゲームとしてできたら良いなあ、なんて思うのです。


僕もまだまだガキですから、
負けてムスッともしますしホントごめんなさいと思っています。
だからこそ自戒の意味も込めてこう書きました。
良かったら何かの参考になれば幸いです。




相手と感想戦とか構築の話すると
新しい気づきを得れることも超多いですしね。
何より友だち増えるかもしれないし。
負けを認めるのも、ひとつの修行なのかもしれないですね。



対戦する戦士、みなに幸あれ。
   ポケカアンテナトップページへ
ゲーム ポケモンの話題が沢山。